トップページ >  成分で比較 >  無添加石鹸

無添加の石鹸、選ぶときのポイントは?

無添加石鹸といっても何が無添加なのかは石鹸により様々。 ほとんどの石鹸が旧指定成分無添加という意味です。 (香料、合成着色料、合成界面活性剤、パラベン、防腐剤など)
つまり、無添加だから肌に悪い成分が入っていないということではありません。 お肌が弱いと思う方(乾燥肌・敏感肌・アトピー・赤ちゃん等)は、配合されている成分を確かめましょう。

無添加の石鹸 人気ランキング

VCOマイルドソープ VCO(ヴァージンココナッツオイル)の石鹸です。 VCOはラウリン酸が豊富に含まれています。ラウリン酸は洗浄力や保湿力が高いだけでなく、強い抗菌作用があます。 それもそのはず、ラウリン酸は母乳に含まれている成分で、免疫力の低い赤ちゃんを守る働きをする成分なのです。 他にもヒアルロン酸などの美容成分を配合していますが、肌に悪い成分は全く配合していないません。 超敏感肌の方でも安心して使えます。 個人的に石鹸について聞かれたときは、肌の弱い方にはいつもVCOマイルドソープを紹介しています。 付属の泡立てネットは、他の石鹸に付属のものより目が細かくしっかり作られていてます。 当サイトで紹介している石鹸の中でもトップクラスの泡立ちの良さです。

もずの魔法石鹸 アトピーだった社長が開発した石鹸です。 「みんなのアトピー対策」でランキング1位になっています。 天然もずく100%の高分子フコイダンを配合。肌の潤いを守り、バリア機能を高めます。 他にも、10種類以上の天然由来植物エキスを配合。 低刺激の自然派石鹸でありながら保湿力に優れます。 肌に悪い成分はほとんど入っていません。 少し気になるのはエチドロン酸4Naというキレート剤ですが、影響はほとんど無いのではないかと思います。

オリレワ シアバターに含まれるオレイン酸は肌の41%を占める成分で、肌に刺激を与えず潤いを長時間キープ。 朝専用と夜専用のシアバターソープがセットになっています。 夜は化粧品や皮脂の汚れが多く洗浄力の高い石鹸が必要ですが、朝に洗浄力の強いものを使うと必要な油分まで落としてしまいダメージを与えます。 肌に悪い成分はほとんど入っていません。 もずの魔法石鹸と同様に、少し気になるのはエチドロン酸4Naというキレート剤ですが、影響はほとんど無いのではないかと思います。

無添加石鹸で、VCOマイルドソープが人気No.1の理由

VCOマイルドソープは、肌に悪い成分・毒性のある成分を全く配合していません。 それでいて、洗浄力や保湿力が高いので、毛穴のブツブツを取り除きキュッと引きしめる感じがします。 天然成分たっぷりなので、お値段はちょっと高めですが、2ヶ月ほどもつので1ヶ月あたりのコストは他の石鹸と変わりません。 付属の泡立てネットは目が細かく、作りが丈夫なのも好感がもてます。 他の石鹸だと、使っている間に破れてしまうものもありました。

VCOマイルドソープ 公式サイトはこちら